頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

ドブレ760外気取入れキットについて

ドブレ760や640のオプションで外気取入れキットは、新品で購入したドブレ760に装着済みで、ちょっと珍しい?外気を真下から取入れるタイプのキットを選んだ。そして、先日中古で購入したドブレ760にも外気取入れキットが装着されていたが、こちらはスタンダードな方で外気を後ろから取入れるキットになる。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

中古のドブレ760はこのキットにダクトを取り付けないで、このまま使用することにしたが、今回はこのキットに付いている空気調整レバーについての話になります。

この外気取入れキットの初期型は、メトス名古屋(ドブレ 760CB&ドブレ640CB / Dovre 760CB&Dovre 640CB | 薪ストーブ PICK UP | METOS NAGOYA)の写真を見る限り下の写真で指差している空気調整レバーは付いていなかったのかもしれない。

f:id:kutomi-church:20180306165826j:plain

上の写真はレバーが一番出ている状態で、空気窓は一切塞がれていません。

f:id:kutomi-church:20180306165912j:plain

指で押して動かなくなるまで奥へ移動させます。

f:id:kutomi-church:20180306165946j:plain

レバーを一番奥へ移動させた状態になります。空気窓が完全に塞がれた状態になります。

f:id:kutomi-church:20180306172318j:plain

どの給気口かというと真ん中の四角い穴で、ニ次給気口になります。上の写真、向かって左の扇形の穴がエアーカーテンの穴、向かって右の細い扇形の穴が一次給気(炉床からの空気)の穴になります。

f:id:kutomi-church:20180306172415j:plain

余談になりますが、私のブログは今まで、一次給気以外はエアーカーテンも二次と表現してきましたが、混乱を避けるため本日の記事から表現を分けることにします。又、過去の記事も順次訂正をかけることにしました。エアーカーテンは二次給気とは呼ばずにエアーカーテン給気、二次給気とは上の写真で横一列に並ぶ15個の穴からの給気を指すことにします。

f:id:kutomi-church:20180306172441j:plain

上の写真、バーミキュライトは外されていますが、炉内の写真になります。

f:id:kutomi-church:20180306165554j:plain

今回は、外気取入れキットに付いている空気調整レバーは、どこまで動かせば真ん中の四角い穴(ニ次給気口)が塞がれるのかを確認をしました。キットの一部(蓋)を外して、懐中電灯で照らしながらレバーを押したり引いたりして確認したところ

f:id:kutomi-church:20180306165629j:plain

斜めから覗いているので正確には分かりませんが、レバーの丸い穴が半分隠れるくらいで四角い穴が塞がれ始めます。ここまで遊びが4cmもありますが、一切四角い穴は塞がれません。

f:id:kutomi-church:20180306165721j:plain

そして、完全に締まるのはレバーを全部押し込んだ状態になりますので、約4.5cmの中で二次給気が調整できることが分かりました。

このオプションを取付けている人が購入者の何割になるかは知りませんが、参考になれば幸いです。

ちなみに私は食堂に設置してあるメイン薪ストーブのドブレ760ではこのレバーはいつも全開のままで煙突ダンパーで二次給気を制御していますが、玄関に設置した中古のドブレ760の方にも煙突ダンパーは付いていますが、同じメーカの煙突でない為か、煙突ダンパーで給気の制御が思っているほどできませんでした。そこで玄関のドブレ760に関しては今後外気取入れキットについているこのレバーで給気を調整していこうと思っています。

エコファン風量 薪ストーブ ドブレ640CB 吸気弁DIY - YouTube

世の中には器用な人がいて、この二次給気調整レバーを自作している人もおられます。動画になりますが、参考までに貼っておきます。動画の約1分30秒のところでちらっとでてきますが、あまりにも素晴らしい出来なので、これを販売してほしくなります(笑)。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。