頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

前例無し?あぜ板波で作る薪棚の屋根

この、あぜ板波で屋根を作って本当にいいのかどうかは数年使ってみないとわからないのだが、大屋根から落ちてくる雪対策として、今回はネット検査してもヒットしない、薪棚の屋根にあぜ板波を使用することにした。今、判明している欠点は、奥行きが60cmの物が最大サイズになるので、それが玉に瑕かな~。70cmがあれば良かった。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180222134225j:plain

先ずは2×4材の横幅に合わせてあぜ板波を切らなければならないのだが、丸鋸は使い慣れておらず、どうすれば真っすぐに切ることができるのかを思案中の写真になります。付属のT字の金具は、あぜ板波の端まで届かないので使えない。

f:id:kutomi-church:20180222134546j:plain

こういう時は木の定規に丸鋸を当てて真っすぐ切ればいいと、弟からアドバイスを受けた。なんだ、知ってるじゃない~。

f:id:kutomi-church:20180222134751j:plain

丸鋸での切断の他に私は2×4材で屋根の枠を組み立てる。

f:id:kutomi-church:20180222134838j:plain

その間に弟は単管の組み立てを担当。

f:id:kutomi-church:20180222134913j:plain

最後にあぜ板波を三枚継ぎ足して取り付け。

f:id:kutomi-church:20180222134954j:plain

完成しました。

f:id:kutomi-church:20180222135028j:plain

完成してから思ったのだが、このあぜ板波の繋ぎ部分ですが、ここから水は漏れてこないのだろうか?これも、雨を待って後日レポートしたいと思います。

とりあえず、2.5m幅の薪棚が1台完成しました。残りは4m幅の薪棚が2台になります。

ひとまず

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。