頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

薪棚の屋根作製 第三弾

今度の薪棚は色々と課題が多い。大屋根から落ちてくる雪が毎回ではないが場合によっては当たってしまうので屋根はポリカ製とはいかず、空になった薪棚に屋根の取付けを検討 でも説明しましたが、あぜ板波の60cmの物を屋根代わりに使用しようかと考えています。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

これが大屋根で、その下にある薪棚に屋根を取りつけようとしています。

f:id:kutomi-church:20171213110704j:plain

別の日に撮った写真になりますが、屋根から落ちてきた雪がステンレスの換気扇フード当って凹んでいるのが分かりますか?

f:id:kutomi-church:20180220161859j:plain

そして、更にその下に見えるのが、今回の薪棚になります。

そんな場所にある薪棚の屋根材として検討しているのが、下の写真のあぜ板波になります。 

f:id:kutomi-church:20171217114413j:plain

そして、薪棚の後ろに窓があるので、これまでは窓よりも低い125cmの高さの薪棚で我慢してきましたが、低い薪棚に屋根を付けるとさらに収納スペースが狭まるので、この際2mの高さに変更しようかと思っています。

しかし、そうすると後ろの窓のガラスに何かの拍子で薪が当たって割ってしまう心配があったのですが、今回はいいアイデアがひらめきました。

つづく

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。