頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

すごく気になるホンマ製作所の新型LS薪ストーブ

玄関に設置してあったビジラントを3km離れた倉庫に移設し、その倉庫の煙突工事をDIYでしようかと検討中で、その時に使用する煙突は全て北欧直販のTermaTech社のシングル煙突にしたかったのですが、部材が足りなくて、思うようにいかず、不足分をホンマ製作所の煙突で補おうかと検討していて、面白い薪ストーブを発見してしまった。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

下の写真がその薪ストーブですが、これは昨日紹介したバルカンシリーズよりも、もっと気になる新型のLSシリーズである。3種類あって小、中、大と言ったところか。

f:id:kutomi-church:20180214131956j:plain①:小 LS-350 86,100円 (税込) 

f:id:kutomi-church:20180214132039j:plain②:中 LS-500 145,800円 (税込)

f:id:kutomi-church:20180214132305j:plain③:大 LS-750 189,000円 (税込)

この品物はWEB限定となっているので、バルカンと違い値引きなしでこのままの価格で販売されるのだと思う。確か1年前は小型の①しか販売されていなかったので、魅力的ではあるが私には小さすぎると思って眺めていた。

先日、先の理由から久しぶりにホンマ製作所のホームページを覗いてみると、LSシリーズの中型と大型が販売されいるではありませんか。これはすごく魅力的。

このLSシリーズも、現時点でネットで調べてもユーザー情報はでてきません。誰か既に購入した人がおられましたら、是非レビューのアップをお願いします。今流行りの鋼板製+バーミキュライトの組み合わせだとは思うのですが、それさえも定かではありません。ホンマ製作所のホームページではどこまで売る気があるのか分からない見せ方になっていて、残念に思います(失礼)。

多分ホンマ製作所はそんなつもりではないのでしょうが、改善される事を望みます。ま、私は専門家ではありませんが、アドバイザリー契約をして助言をしてあげたいくらいです(笑)。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。