頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

モダンな薪ストーブの弱点、ケトルと五徳とラウンドグリドル

薪ストーブを新調した時は、取り外した古い薪ストーブの嫁ぎ先を探すのが一番の問題なのではないだろうか?同級生の胸の内はそんな風にも見えた。地元の薪ストーブ屋さんはその相談には乗ってくれなかったのだろうか?時間の関係で、そこまでの話を聞くことはできなかったのだが、概ね古い薪ストーブの引き取り相談は無かったのだと思う。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180207103312j:plain

その同級生だが、ヤフオクに出品する前に、知り合いでドブレ760を欲しいという引き合いがあったそうだ。

相手の部屋の大きさを確認すると7畳ほどの部屋だったので、さすがに部屋が狭すぎると止めたそうだ。

止めなければ今ごろはサウナルームになっていたのだろうか?止めて正解であるが、その7畳の部屋でドブレ760の焚いている姿を見てみたかった気もする(笑)。 

しかし、そういった小部屋こそ、先日ブログにアップした(薪ストーブのレビュー発見)コーナンの超小型薪ストーブで丁度いいのではないかと思う。

f:id:kutomi-church:20180207104527j:plain

さて、写真のケトルと五徳とフライパン(ラウンドグリドル)ですが、中古のドブレ760受け渡しの帰り際に「よかったら持って行って」と譲り受けた。私にとっては嬉しい話だが、まだまだ使える綺麗な品物を何で手放すのか分からず、理解に苦しんだ。

しかし、その後の説明を聞いて納得した。新しい鋼板製縦型薪ストーブでは、これらのアクセサリーは一切使えなくなってしまうのである。そこで、よかったらどうぞになったのである。

立ち上がりが早く操作が簡単。そして、モダンな部屋にマッチするデザインと申し分のない鋼板製薪ストーブだが、料理は苦手となってしまうのが玉に瑕ではないだろうか?尤も、オーブンが付いている物を買えば、その分は一部解消されるのだが、納得して買わないと、「お湯も沸かせない薪ストーブか?」になってしまうので要注意である。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。