頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

中古のドブレ760の運搬&新妻のご尊顔

現場に到着して、いよいよドブレ760の運搬である。この薪ストーブは「メンテしやすい構造=バラしやすい構造」になっているので、普段メンテナンスをしていて慣れいる人であれば工具なしであっと言う間にばらすことができる。それがこの薪ストーブのメリットである。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180206204150j:plain

自分で言うのもなんだが、3人で手際良くあっと言う間に解体し、さっさと軽トラに積んで養生した。同級生はその手際の良さにびっくりして見ていたのではないだろうか。(未確認)

積み込みが予定よりも早く終わったので、ドブレ760を捨てて(手放して)でも欲しくなった新しい薪ストーブを見せてもらう事になった。

その新妻のご尊顔薪ストーブがこれである。

f:id:kutomi-church:20180206204739j:plain

お、お~ めちゃめちゃ今風の女房薪ストーブではないか。

スリムで美しいスタイル。しかもお肌外装がソープストーンモデル。よく見ると上にオーブンまで付いているではないか。これは魅力的だ!これが相手ではドブレ760といえども捨てられるはずだ。ここに至った訳がよ~く分かった。百聞は一見に如かずである。

今回の事例からも、鋼板薪ストーブの波は日本にも少しづつ押し寄せているのかもしれない。

おっと、我々はこれで終わりではなかった。帰ってからドブレ760を玄関に運んで、組み立てなければならない。四方山話に花が咲き名残惜しかったが、同級生宅を後にした。

f:id:kutomi-church:20180206205517j:plain

玄関に運び込んでほぼ組み立ても終わり、必要な煙突部材の確認を済ませた。

煙突とのジョイントはもうしばらく先になりそうだが、ここまできたら、早く稼働させたい。そんな思いに駆られる。

食堂と玄関に並んで設置されたドブレ760。日本広しと言えども、そんな現場は他には無いのではないだろうか?(笑)

不定期につづく

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。