頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

中古のドブレ760搬入前にビジラントの解体

ビジラントを搬入したときは、一切解体せずに4人がかりで必死に運んだ記憶があるが(屈強な男の人の手配 )、今回は搬出である。できるだけ解体して、1人少ない3人で運ぶことができるのか、考えるよりバラせとばかりに出来る限りバラバラにした。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180206151354j:plain

f:id:kutomi-church:20180206151536j:plain

石炭ストーブならではの特殊な炉床の部品も今回は全て取り外した。

f:id:kutomi-church:20180206151628j:plain

これだけバラしても横綱級の重さである。引きずる様に3人で玄関からポーチに運び出した。この後、軽トラの荷台へは段差があった為、3人で載せることができるか不安があったが、なんとか載せることに成功し、雪の降る中だったので直ぐにブルーシートで養生し移設先の倉庫へと向かった。

f:id:kutomi-church:20180206151804j:plain

移設先の倉庫での組み立て作業になります。ほとんど薪ストーブ屋さんの様相。

f:id:kutomi-church:20180206151910j:plain

ほぼ、組み立てが終わり、ウォーミングシェルフのドラゴンを取り付け中の写真です。

f:id:kutomi-church:20180206151946j:plain

さあ、玄関のビジラントの移設が済んだので、これからが本番。中古のドブレ760の引き取りである。倉庫へ運んだその足で、そのまま同級生宅のドブレ760の待つ現場へとむかった。

手前味噌になるが、1日の作業としてはプロ並みに手際がいい(笑)。

 つづく 

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。