頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

水道料の救済措置があった

水道を使っている人にとっては知っていて当たり前のことかもしれませんが、20年以上に渡って井戸水しか使っていなかった私は、今回のことで初めて水道料の救済措置があることを知った。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20180203104241j:plain

エコキュートの修理で来られた方に、先ず水道料の件をお尋ねしたところ、明確な回答を得ることができず、「多分、救済措置があると思いますので水道局に訊いてみられたらいいですよ」と当たり障りのない回答。そこで、駄目元で水道局に電話をして訊いてみたところ救済措置が出てきた。書類を送りますので、書き込んで修理伝票と一緒に返送して下さいとのことであった。

私は長期出張中だったので、これらを全て家内がこなしてくれた。有難い。水道局から送られてきた書類が下の写真になります。

f:id:kutomi-church:20180203110522j:plain

漏水修繕報告書水道料金等の減免申請書。これで、支払いを覚悟していた恐怖の「水道料約10万円」の請求から解放されたのである。

パナソニックのエコキュートの修理代も参考までに載せておきます。

部品代 46,900
技術料 26,900
出張料 2,500
消費税 6,104
------------------
合計  82,404

ご覧の通り、修理代だけでも馬鹿にならないので、これに水道料が加算されなくてよかった。もし同じ事情でお困りの方がおられましたら、管轄の水道局へ「減免申請書」なるものがあるかどうかをお尋ねになることをお勧めします。

 1日1000人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。