頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

空になった薪棚に屋根の取付けを検討

今まで、コストがかかるのという理由と作るのが難しいので見送ってきた薪棚の屋根ですが、空になった物から取付けをしていこうかと考えています。ネットで参考になる物がないか調べて、ある人の作った薪棚に目が留まった。

 1日600~900人がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。 

f:id:kutomi-church:20171217113104j:plain

これまで屋根はゴムマットで済ませていたが、いよいよ屋根作りに挑戦である。二台の薪棚ですが、同じ大きさかと思っていたら、少し違っていた。3年以上前に作っているので全く記憶がなく、測ってみて初めて分かった。高さは両方2mになるが、横幅が奥にある物が1.8mで手前は1.5mだった。屋根作りの参考にさせて貰うネット検索で見つけた資料はこちら単管パイプで作る薪小屋。1になります。

さっそく手持ちの材料を確認し、保管してあった錆びだらけの単管パイプを必要な長さにカットし、更に、薪として頂いたけど勿体ないので保管しておいたツーバイフォー材も必要な長さにカットした。薪にして燃やしてなくてよかった。そして足らない材料を買いに馴染みのホームセンターへ走った。

f:id:kutomi-church:20171217114413j:plain

写真の品は「あぜ板波」ですが、これは資料単管パイプで作る薪小屋。1には出てきませんが、これの40cm幅の物を最近私は薪棚の横壁として利用していているので、これを4枚購入。

今回の薪棚には使いませんが、大屋根の雪が落ちてきて当たる所に設置してある薪棚には、このあぜ波板の60cmの物を屋根代わりに使用しようかと考えています。ポリカの屋根では雪で割れてしまう為です。

f:id:kutomi-church:20171217115648j:plain

単管パイプも1.8mの物が一本不足していたので、2mを一本購入し加工代80円を支払ってお店でカットしてもらい1.8mにした。

f:id:kutomi-church:20171217120207j:plain

垂木止めクランプも、錆びだらけの自在クランプは我が家に在庫はあったけど

直交クランプは無かったので、お値段の調査も兼ねてチェック。

f:id:kutomi-church:20171217120103j:plain

ポリカ(ポリカーボネート)も色々なサイズがありましたが、多分この広幅になると思う。この広幅ポリカは長さが2mなので、加工代を払ってお店で三等分にカットしてもう事になりそうです。この事はお店で結論を出せなかったので、写真を色々撮ってきて自宅で検討して答えを出しています。このポリカを三等分すると約66cmとなり、その66cmが屋根の奥行の長さになりますので、既にカット済みのツーバイフォーはこれに合わせて小さくしなければなりません。

f:id:kutomi-church:20171217120634j:plain

ポリカを留める金具も今風の丈夫そうな物が売られていました。我が家にも在庫がありましたが昔ながらの物なので、買い直した方がよさそうです。

f:id:kutomi-church:20171217120925j:plain

後は、お天道様と相談して作業を進めたいと思いますが、さすがにこの天気じゃあちょっと無理です(笑)。

つづく

  1日600~900人がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。