頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

私の弟はオーストラリア人

薪ストーブ愛の強い私がオーストラリアへ行くとなると、当然ピキャン(薪ストーブ・ピキャン社BAKERSOVEN(ベイカーズオーブン)鋼板製)の工場見学かと思われると思いますが、残念ながら、昨年の7月に10年振りに渡豪しましたが、弟の所へ行っただけで工場見学は出来ませんでした。

 1日600~900人がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

薪ストーブネタじゃないのでガッカリされる方もおられるかと思いますが、多岐にわたりアップしていかないと1年間1日も欠かさず記事をアップする自信がないのと、現在は長期出張の身でありますのでお許し下さい。私が薪ストーブ以外のネタをアップすると皆さんなかなか厳しい。アクセス数はあるものの、応援ポチの少なさがそれを物語っている(笑)。

f:id:kutomi-church:20171215203513j:plain

さて、薪ストーブ愛好家の中で、格闘家は何パーセントおられるのか知りませんが、私の弟は格闘家であります。合気道職人という表現の方がいいのかも知れません。ちなみに私はへっぽこである(笑)。

合気道と言えば何を思い浮かべられるでしょうか?グラップラー刃牙の渋川剛気ではないだろうか。この渋川剛気のモデルになった人物こそ、合気道養神館、初代館長塩田剛三先生である。

f:id:kutomi-church:20171215203915j:plain

私のオーストラリアに居る弟はこの塩田剛三先生が健在の時に本部道場に内弟子で入り、9年間修練を重ねた後、海を渡ったのである。

つづく

 1日600~900人がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。