頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

アルミタラップの取付けを検討 前編

我が家の煙突掃除の話ですが、先ず建物が大きすぎて普通の煙突の取付工事をしていません。その事は私のブログをよく読んでおられる方はご存知だと思いますが、最近読み始めた方はご存じないと思いますので、よろしければ風圧帯と負圧&汚れない距離これを読んで下さい。 

 1日600~900人がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

f:id:kutomi-church:20171205104314j:plain

壁出しの二本の煙突がありますが、煙突掃除の際は煙突トップを外して綺麗にしなければなりません。今までは煙突トップを外すのに約8mの高さに手が届くまで自前の足場を組んでいたのですが、なかなか大変です。

しかし薪ストーブが使える喜びから「一に勢い」だけで足場を組んでいました。怖いと思ったら登れないのでそこも勢いで恐怖心を吹き飛ばして掃除をしていましたが、私も歳を重ねますのでいつまでも、そのままという訳には行かないので、そろそろ対策を考えようと思った。

イレギュラーな取り付けなので壁の横に煙突トップがあり、二階(三階の高さ)から見るともうちょっとで手が届きそうな距離となっている。

f:id:kutomi-church:20171205105547j:plain

壁からの距離は高木工業所の煙突トップまで100cm、

f:id:kutomi-church:20171205105619j:plain

ホンマ製作所の煙突トップまで120cmとなっている。

f:id:kutomi-church:20171205130843j:plain

この、それぞれの煙突トップのすぐ横にアルミタラップを取り付けようと思いついたのである。

つづく 

 1日600~900人がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします