頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

ビジラントのプチ改良大成功!

今年の9月2日付のブログでバーモント・キャスティングスのビジラントの炉内のプチ改良について触れましたが、更に9月27日付のブログで公開の通り煙突の一部交換も行っています。そのビジラントの改良後の初焚を漸くする事ができた。

 1日600~900人がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。

一応、その時の記事タイトルを下に貼っておきますので、未読の人はよろしければクリックして読んでみて下さい。

ビジラントの燃費対策(悪あがきとも言う)

ちょっと気になる北欧直販のTermaTech社煙突 後編

f:id:kutomi-church:20171203193756j:plain

ビジラントは元々トップローディングである事に加えて、石炭ストーブの為フロントガラスの部分にグリルガードがあって邪魔をするので、フロント扉を開けての焚き付けをすることがなかったのですが、改良をした事によって今回初めてフロントガラスを開けて焚き付けを行う事ができた。

改良後の一番のポイントは大飯喰らいの石炭ストーブ ビジラントがどうなったかであるが、なんと、こちらの思わく通り省エネの薪ストーブに大変身してしまった。予想以上である。嬉しい。玄関と玄関ホールの約15畳の空間に設置してあるが、今までは燃費が悪すぎて、メインストーブのドブレ760を導入してからは、積極的に焚くのを控えていたのだが、これなら遠慮なく火を入れる事ができる。

f:id:kutomi-church:20171203195205j:plain

しかも薪を焚く位置が炉内で数センチ上がったせいか、エアーカーテンが無い為にフロントガラスが簡単に曇って困っていた問題も解決している。これは想定外の喜びであった。

f:id:kutomi-church:20171203195741j:plain

手前がビジラントの煙突(ホンマ製作所)で、奥がドブレ760の煙突(高木工業所)になります。煙もあまり出ないので、これも驚きである。

現存しているビジラントが日本に何台あるかは知りませんが、炉内に耐火煉瓦を四個並べるだけで劇的に変身しますので、是非お試しあれ。

これはビジラントのオーナーにしか分からない話になりますが、当方のビジラントも炉内のダンパーの下にこのストーブお約束の穴が開いています。それを修理すると結構な金額になりますので、私は修理しておりません。

その代わりに煙突の方にダンパーを付けて対応しました。今回は本体のダンパーは開けたままで運転をしましたが、煉瓦の炉床を設けたために少ない空気での燃焼に勝手になり、それが省エネ運転に繋がっていると思われますので補足しておきます。

但し、暴れん坊のビジラントが、大人しいビジラントになってしまいますので、激しい焚き方をしたい人、このストーブを強烈に焚いて暖をとりたい人にはこの改良は向いていないかもしれませんので、念の為お断りしておきます。

 1日600~900人がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。