頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

プロの世界は厳しい

今回で二回目になるが、何年ぶりだろう。以前にもご近所さんから情報提供を頂き沢山頂戴したことがある。これは原木の話ではなくてキャベツの話である(笑)。

 1日600~900人がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。 

「大きくなりすぎて売り物にならないから、欲しい人がいたら取りに来て下さい。」こんな声が掛かったのである。家内が義妹と二人で貰いに行くと言ったので、ブログ用の写真をリクエストしておいた。

f:id:kutomi-church:20171115092707j:plain

現場に到着すると二つのメッシュパレットにバレーボールが一杯、そんな感じでキャベツが入っていた。その中の一つになるが、きれいなキャベツでお店で売っているのと変わらない。これが売り物にならないとは、プロの世界は厳しい。

f:id:kutomi-church:20171115094513j:plain

育ちすぎて大きくなって、キャベツが硬いので、この中から小さいのを選んで持って行ったらいいよ、と教えてもらったそうです。

f:id:kutomi-church:20171115094551j:plain

いつもは薪を積んでいる荷台にキャベツを積んでいる写真で、私には見慣れない光景になります。おすそ分けの分も見込んで沢山頂戴しました。有難うございます。

f:id:kutomi-church:20171115094659j:plain

畑にはまだ沢山ある様ですが二週間後にはキャベツごと耕してしまうので、まだ欲しかったらそれ迄に包丁を持って取りに来て~、との事でしたが、さすがにもう十分です。

f:id:kutomi-church:20171115095053j:plain

人間だけでなく、家畜を飼っている人はこんな話があると嬉しいのではないでしょうか。しかも、どれだけあってもいいのでは?

新鮮なキャベツは甘い。その甘いキャベツの味を、前回声を掛けて頂いて貰った時に初めて知ったのですが、今回もそのキャベツの甘みを堪能できそうだ。

  1日600~900人がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。有効な1日ワンクリックをお願いします。このブログを継続する元気を貰う事ができます。今後共宜しくお願いします。