頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

エンジンオイルが減る車への裏ワザ 前編

物を大切に、という思いを常に持っている私は、現在長距離用として愛用しているクラウンエステートも大切にしている。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【薪ストーブ暮らし】がボタンです)  

平成13年の車を平成21年11月にヤフオクで50万円弱(陸送費、登録料を含む)で購入し不具合を色々と修理した後、父が愛用していたのだが、父の出直し(他界)後は私が使用している。

軽トラ程高齢ではないが、現在は16才と結構高齢になってきた。走行距離は購入時で既に19万キロか20万キロだったのですが、現在は34万キロである。

f:id:kutomi-church:20170901100553j:plain

当方の所有するどの車もそうであるが、このクラウンエステートも5千キロ毎にエンジンオイル交換、1万キロ毎にエレメント交換をしてきたが、27万キロあたりからエンジンオイルが減るようになってきた。

ある日オイルランプの警告灯が点灯したので、長年お付き合いしているネッツトヨタで見てもらったところ、オイル減りが発覚したのである。(排気ガスからは目立った白煙はない)

エンジンのオーバーホールや乗せ換えの修理金額は中古のクラウンエステートがもう1台か2台買える金額だったので、修理はぜずにこの車をどうやってごまかしながら乗っていくかを考えなければならなかったのですが、その問題は2500キロ毎にオイルを足す事で暫くは解決した。

しかし、その後だんだん減りが激しくなり1千キロ毎にオイルを追加しなければならないようになってしまったのである。

そして、ついに2年前の走行距離31万キロあたりからは400キロ走ってガソリンを給油するタイミングで、エンジンオイルも補充しないといけなくなったのである。

さすがに、もう限界である。いよいよ廃車か?

つづく

  1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを継続する元気を貰う事ができます。(左上の【人気ブログランキング】がボタンです)