頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブ大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

焼却炉と薪ストーブの燃焼のセオリー

薪ストーブを導入する遥か前から焼却炉を使っていたのだが、当時、薪ストーブの燃焼のセオリーは知らなかった。知らなかった故に3点疑問に思っていた事がある。

一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします。クリックするとこのブログが今何位か見られます。有難うございました。

今はセオリーを知った上で、その時の疑問に答えることができる。

疑問その1

 Q. どうして煙突から煙が出ずに、胴の部分から煙が出るのか?

 A .ドラフトに必要な煙突の長さに達していないからである。

疑問その2

 Q .木っ端(木)を燃やしているのに、燻って思うように燃えてくれない。

 A .木っ端の含水率が高いからである。

疑問その3

 Q .ステンレス製の煙突なのに何で錆びるの?

 A .SUS430ステンレスだからである。

この事が当時分からなかったのよね~。今は少し賢くなっていて良かった。

さて、謎が解決した今、焼却炉を快適に使う上でプチ改造を計画しているのだが、それは煙突の長さを継ぎ足して4m近くの長さにする事である。煙突が長いと風が吹くと倒れてしまうので針金で引っ張りペグ打ちをする。という方法である。丁度、煙突が錆びて駄目になってきているので近い内に実行に移したいと思う。

f:id:kutomi-church:20170830112937j:plain

これの素材はSUS430ステンレスだったと思う。2本目になるが錆びてボロボロである。

 一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします。クリックするとこのブログが今何位か見られます。有難うございました。