頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブ大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

前から試してみたかった事(立看板)

前から考えていたのだが、道路に「薪求む」の看板を立てたらどうなるのかを試してみたかった。ちなみに、家の前は県道で、国道ではない。 

一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします。クリックするとこのブログが今何位か見られます。有難うございました。                                           

これは万が一嬉しい悲鳴になった時の事も想定しておかねばならないので、薪割りの処理能力の向上も重要になってくるが、エンジン薪割り機の導入でそれは解決済みである。そこで、今年は思い切ってアイデアを実行に移した。

先ずヤフオクでA型自立看板を物色しポチっとしてゲット。それがこれ

f:id:kutomi-church:20170828104155j:plain  f:id:kutomi-church:20170828104221j:plain

結構丈夫ないい品物でした。出品者さん有難うございます。

次にこのままでは風で飛ばされるので、その対策をしなければなりません。そこでホームセンターで両ネジボルトを2本購入。これを通す穴を看板の脚に開けなくてはならないので、一緒にインパクト用のドリルも購入。

f:id:kutomi-church:20170828194718j:plain f:id:kutomi-church:20170828114012j:plain

脚の下から5センチの所に穴を開け両ネジボルトを取付け、重りを置けば風対策はこれで完了。

f:id:kutomi-church:20170828195040j:plain

次に、文字である。いろいろ協議の結果、台詞は大文字で「薪になる太い木おゆずり下さい」となった。そこに補足説明文が小文字で「太もも以上の太さで広葉樹の方が嬉しい 電話番号 担当名」これで完璧である。

さて、この看板にどうやって文字入れするかであるが、その方法を考えなくてはならない。直接ペンキで書く、という方法もあるが、書き損じの度に白ペンキで上塗りしなければならず、大変である。

そこで、次に思いついたのはダイソーで売っているA4サイズの白いマグネットシートを使う手である。それがこれである。

f:id:kutomi-church:20170828110542j:plain

 これがレーザープリンターを通れば全て解決だったのだが、残念ながら厚みがネックとなりレーザープリンターで印字はできなかった。

つづく

 一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします。クリックするとこのブログが今何位か見られます。有難うございました。