頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

1立米って、どんだけ~

薪の年間使用量の話によく登場する立米(りゅうべい)。そもそも1立米の立米って何?と、訊かれる事がある。1立米とは1立方メートルであり1㎥と表し、1 辺が 1 メートル (m) の立方体の体積である。とまあ、そこまでは分かるが具体的な薪の量がイメージできるかである。

 一日一回のクリックが有効なので応援クリックお願いします

先日うまい具合に、約1立米の玉切りを薪割りしたので写真でイメージしてもらう事ができる。玉切りの長さは約40cmで直径何センチか分かるように数字を書いおいた。これが半分の14玉である。

f:id:kutomi-church:20170827143529j:plain

その14玉を薪割り機で割ったものがこの写真。

f:id:kutomi-church:20170827144004j:plain

これを軽トラに積むとこうなる。

f:id:kutomi-church:20170827144121j:plain

奥にあったもう半分の19玉。先ほどより細いものが多い。

f:id:kutomi-church:20170827144240j:plain

これも割って、先ほどの薪と合わせて縦2m×横3m薪棚に納めるとこの量である。(左下約4分の1弱のやや白っぽい薪は除く)

f:id:kutomi-church:20170827144550j:plain

計算すると約1立米であった。以前は1年でこれの約17倍を消費していたのだが、今は薪ストーブ2台で年間22立米を消費。どんだけ~。

 一日一回のクリックが有効なので応援クリックお願いします