頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブ大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

薪ストーブとの出会い その4

知人から紹介してもらった薪ストーブ屋さんからカタログを送ってもらい、どれにしようかと夢を膨らませる。

 ⇖ポチっとお願い

f:id:kutomi-church:20170909110437j:plain

その頃は自分での設置は夢にも思っていなかったな。薪ストーブ屋さんに丸投げで、予算は100万オーバーか、、、高いけどしょうがないか。そんな感じだったと思う。

当時、D.アンコールは燃焼効率76.7%とカタログに載っている。バーモント・キャスティングス トップの燃焼効率である。そのカタログに唯一、多燃料タイプと書かれた品物がある。石炭が焚けるビジラントである。燃焼効率の記載はない。定価も少し安いし、これも魅力の一つか?石炭も焚けるくらいだから丈夫だろう。アンコールにするかビジラントにするかの二択である。

後は薪ストーブ屋さんに来てもらって現場での相談である。わくわく感は絶頂ではないだろうか。薪の当てはない。けれど、そんな心配もあと回しだ。兎に角、薪ストーブが欲しい、そんな熱い思いであった。

f:id:kutomi-church:20170909110548j:plain

 ⇖ポチっとお願い