頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

鋼板製薪ストーブ

30cmの薪しか入らない薪ストーブが何故流行っているのか

ドブレ760やターマテックTT22の薪ストーブをメインやサブ機として愛用している私は、基本的には40cmの長さの薪をメインとして使用しているのですが、薪ストーブ本場のヨーロッパで30cm程の長さの薪しか入らない小型薪ストーブが次々と市場に投入されているの…

購入予定の小型薪ストーブ TermaTech TT20Bazic

もう一台購入を予定している薪ストーブはTT20Bazicになります。詳細はこちらでご覧になって下さい。https://termatech.jp/product/stoves/tt20bazic/ 価格は 199,000円(税別)と非常にリーズナブルな設定になっています。 1日500人以上がこのブログをご覧に…

頭でっかちの薪ストーブも実物はなかなか良かった

カタログや写真では良く見えないが、実物を見るとそうでもないといった薪ストーブが沢山あるのですが、ターマテックのTT20RSもその一つだと思う。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重…

刺激を求めて北欧直販へ行ってきた(笑)

私のブログを閲覧される方の中には「何か面白い情報がないかな?」という思いで来られる方もおられると思うのですが、 私も皆さんと同じ思いで刺激を求めて毎月の奈良県への出張に絡めて滋賀県にある北欧直販を訪問した。 1日500人以上がこのブログをご覧に…

今日から北欧直販のサマーセール

先日、北欧直販へ行ったので、その時の記事をアップしようと記事の作成と編集をしているところだったのですが、訪問時に予告されていたサマーセールが始まってしまったようなので、編集中の記事は後回しにして、何の利害関係もない私ではありますが、サマー…

ピキャンてこんなに大きかったっけ?

オーストラリアのオーブン付き薪ストーブと言えばピキャンで評判もよろしいかと思いますが、今回訪問したお宅にはピキャンを入れてあると訪問前に聞いていたのですが、リビングに置いてあるピキャンを見て驚いてしまった。 1日500人以上がこのブログをご覧に…

度肝を抜く大きさの火室を持つ薪ストーブ

先日、薪ストーブの火持ちは火室の大きい薪ストーブの方が有利に働くといった内容の記事(ドブレ760、新型鋼板製薪ストーブに一矢報いる )をアップしたのですが、その時にshige02さんからコメント欄にその件で気になっている薪ストーブがあるとの書き込みが…

ホームセンターへホンマ製作所のシングル煙突を買いに行った

私のブログをよく読んでおられる方は、何で私がホンマ製作所のシングル煙突を買いに行ったのか疑問に思われるかもしれませんが、最後まで読めば分かります。 しかし、ここではまだ秘密です。 フ、フ、フ(笑)。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていま…

新宮商工の薪ストーブ担当者の対応に感謝

以前 コールテン鋼で作られた薪ストーブ で話題にしました薪ストーブ、スキャンの62CBですが、どこかで一目見てから購入の判断をしようと思っていたのですが、なかなか置いてありそうな店が無さそうなので、新宮商工のホームページから問い合わせをした。 …

北欧直販で訪問ついでに見せてもらった興味深い物

北欧直販で訪問の際に見せてもらった興味深い品々を紹介したいと思います。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になって頂けないでしょうか。1日1回のクリックで、このブログを…

北欧直販のダークホース、タフな鋼板製薪ストーブ

お店に置いてあるTermaTech TT22Hは中に灰があったので、シーズン中はデモ機として活躍していることが伺えた。フロント扉を開けたり、空気調整レバーを触ったりして操作方法を確認していて、ある事に気が付いた。 1日500人以上がこのブログをご覧になってい…

北欧直販で見せてもらった鋼板製薪ストーブ

北欧直販はTermaTech社の煙突だけを扱っているのではなく、デンマーク製の薪ストーブ3社(TermaTech、LOTUS、Aduro)の輸入総代理店となっています。昨日お伝えした通り、今回の訪問の一番の目的はコーキングに頼らない雨仕舞の三重筒煙突システムだったの…

コールテン鋼で作られた薪ストーブ

ファイヤーサイド社からTipi ティピ150 が発売されて、野ざらしで表面に錆が出ると、それ以上腐食が進行しにくいという素材、コールテン鋼の存在を初めて知った。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足ら…

すごく気になるホンマ製作所の新型LS薪ストーブ

玄関に設置してあったビジラントを3km離れた倉庫に移設し、その倉庫の煙突工事をDIYでしようかと検討中で、その時に使用する煙突は全て北欧直販のTermaTech社のシングル煙突にしたかったのですが、部材が足りなくて、思うようにいかず、不足分をホンマ製作…

ちょっと気になるホンマ製作所のバルカン薪ストーブ

私の考える優れた薪ストーブの条件1つに「壊れない」がある。これは壊れやすくメンテナンスのできない薪ストーブを使った経験から出てきた答えであるが、その条件をおそらくクリアーするであろう薪ストーブがホンマ製作所のバルカンである。 1日500人以上が…

モダンな薪ストーブの弱点、ケトルと五徳とラウンドグリドル

薪ストーブを新調した時は、取り外した古い薪ストーブの嫁ぎ先を探すのが一番の問題なのではないだろうか? 同級生の胸の内はそんな風にも見えた。 地元の薪ストーブ屋さんはその相談には乗ってくれなかったのだろうか? 時間の関係で、そこまでの話を聞くこ…

薪ストーブを買ってしまった(笑)

いや~今回の長期出張はなかなか良かった。 スキャンサームも見学できたし、今流行りの鋼板製薪ストーブも購入することができた。 とは言ってもかなり小さい玩具のような薪ストーブなんだが、そこは気にしない、突っ込まない(笑)。 1日500人以上がこのブロ…

薪ストーブのレビュー発見

昨日の記事を書き終わってから、念のために検索してみたところレビューを発見することができた。そもそも検索する言葉をどうしようかと迷ったくらい元になる情報がなかったのだが、「ヤフオク 薪ストーブ」等で検索して写真から見つけることができた。そして…

誰かこの薪ストーブのレビューUPして

約1年前からヤフオクで見るようになった薪ストーブだが、今年は3人の方が出品しておられるように思う。価格も2万円台とお手頃である。様子を見ていると結構売れているようなので、既に購入済みの方がレビューをアップしてくれないかと思っている。 1日500…

薪ストーブ設置数約1千万世帯

今回スキャンサームの薪ストーブを見せてもらいに薪ストーブ屋さんを訪問した副産物として、前から気になっていた情報が手に入った。 それが本日のお題の薪ストーブ設置数約1千万世帯という数字である。 しかし、これは日本のものではない。 ドイツである。…

気密性へのこだわり

スキャンサームの扉の開け閉めは本当に高級車のようだ。 カチッと閉まるのである。 値段が高いだけあって立て付けもいい。 スキャンサーム公式サイト | スキャンサーム公式サイト / ドイツが誇るモダン薪ストーブの最高峰ここの2つ目の動画で紹介されていた…

高級機の中で比較的リーズナブルなモデル

まるで、高級オーディオショップに迷い込んだかのような世界である。 高級オーディオというのは価格だけの事ではない。 スキャンサームに限らず、最近のモダンな薪ストーブのデザインはオーディオスピーカーのようになってきた。 トラディショナルなデザイン…

本物かどうかは触れてみないと分からない 

どの薪ストーブもそうですが、本当にいい品物かどうかは写真だけでは判断できない。 近くのお店を尋ねるか、既に導入されている知人宅を訪問して見せてもらわなければ分からないと思う。 今回は、実物を見る機会はまずないだろうと思っていたスキャンサーム…

スキャンサームを語る前に

視聴回数が既に1万5千を超えているので、見ている人も多いかとは思いますが、公開から未だ3ヶ月しか経っていないので知らない人は全く知らないのではないかと思いますので、スキャンサームを語る前に薪ストーブのカルチャーショック動画をご覧になって下…

スキャンサームって知ってる?

スキャンサームとはドイツの薪ストーブメーカーの名前で、最初にネットで見たのははっきりと憶えていないがYouTubeの動画だったかもしれない。 どこの国の物なのかも分からなかったので懐疑的に見ていたように思う。 1日500人以上がこのブログをご覧になって…