頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

薪集め

楓(かえで)を貰ってきた

庭の楓(かえで)を伐ったので、貰ってもらえないか?という話がきていると、家内から聞いた。知り合いの70代のご婦人から出てきた話のようだ。 「楓って紅葉でしょう?」 家内に確認をした。何で呼び名が違うのかは未だに知らない。 1日1000人以上がこのブ…

なんだ、杉の需要もあるじゃない

昨年11月にアップした記事、巨大な欅、差し上げます への反応が誰からもなかったのですが、その後、再度 薪情報 掲示板 でもお伝えしました。その杉の玉木ですが、年をまたいで漸く動いたようで、無事に引き取りがあったと連絡が入りました。 1日1000人以…

半乾きの稲木でも断れないでしょう

以前 稲木(いなぎ)がやってきた で記事にしたことのある方が、軽トラでいつものように突然やって来られた。台所にいた娘から携帯で「木をトラックに積んだ人が来ている」との連絡を受けて、慌てて玄関に向かった。 1日1000人以上がこのブログをご覧になって…

薪集めで苦労した日に思いを馳せる

薪ストーブ導入前の2年間で薪を27立米集め、5年前に薪ストーブライフが始まった。最初の冬で17立米の薪を消費した。残りの薪は10立米あるのだが、空になった薪棚を眺め、次の冬までに今シーズンに消費した17立米の薪を集めることができるのか不安…

薪情報 掲示板

私が薪ストーブデビューを果たした時は、兎に角薪情報が欲しかった。以前にアップした野球のバットの端材も人づてで得た情報をもとにバット工場へ貰いに行った物である。富山県内で薪が手に入らないかネット検索も随分したと思う。 1日600~900人がこのブロ…

ポーチの薪棚の品薄は不安を覚える

昨年新設したポーチの薪棚は二連式で前列と後列があり、キャパシティーが約3.5立米ある。この薪棚に薪が一杯の時はいいのだが、品薄になってくると不安を覚えてしまう。他の薪棚から乾燥薪をポーチの薪棚へ移せばいいだけなのに、不安になってしまう。 1日…

稲木が湿気っていた

つい先日頂いた稲木の話になりますが、完全乾燥の物を頂戴したと思い込み喜んでポーチの薪棚に積んで、即戦力として使い始めたはいいのだが、どうも燃焼の様子がおかしい。いつまでたっても白い煙は出てるし、どうなっているんだと思いながら一日、二日と使…

稲木(いなぎ)がやってきた

何の前知らせもなくピンポンは当たり前であり、いつもの事なので別段驚きもしないが、オンシーズンだったので、すぐに割って使う事にした。中身は稲木(いなぎ)で、ちょうど40cm程に切断されており即戦力である。 1日600~900人がこのブログをご覧になって…

細い枝は焚き付けに使えるのか?

もう、三年物になるのではないだろうか。この薪棚の薪は広葉樹が多かったように記憶しているが、一年以上前の事は記憶喪失(笑)になってしまうので、自信はない。燃やす段になって樹種と言うか、広葉樹か針葉樹かが判明すると思う。 1日600~900人がこのブロ…

何時の端材やら?を燃やした

去年までの端材は去年の中に使い果したので、今年の始めからの薪集めで出てきた端材に違いないが、一体何月の物だろうか?50歳を過ぎたあたりから一年前の事は記憶喪失の様になってしまった(笑)のだが、この端材は一年未満にもかかわらず記憶がさっぱりで…

巨大な欅、差し上げます

昨日のつづきの話になりますが、私が引き取らなかった杉の玉を是非ブログで宣伝して嫁入り先を探してほしいと頼まれてしまった。今から薪ストーブを始める方や初めて間もない方で、樹種を問わずに原木を探しておられる方が富山県におられましたら下記FAXへ直…

レッカーでの伐採現場 後編

伐採木イチイ モミの残っている下三分の二の作業にとりかかります。ワイヤーロープを結び、レッカーのフックを取り付けているところです。 1日600~900人がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人…

レッカーでの伐採現場 前編

知り合いのレッカー屋さんから連絡が入ったので現場へ急行し、隣家のイチイ モミの伐採を撮影をすることができた。レッカー出動の伐採現場には、今まで立ち会った事がなかったので、どういった手順で伐採するのか想像はしていたが、思っていたのと違っている…

娘から薪の話

娘が勤めている会社から薪の話を持ってきてくれた。初めての事である。現場の写真をカラー印刷したA4用紙も持参である。会社の先輩の自宅でハナミズキを伐ったのでよかったらどうぞと、10キロ離れた自宅の地図まで付いていた。 1日600~900人がこのブログ…

杉の乾燥は一年で十分か?

私は薪の乾燥は二年間、という思いでいるのだが、繊維の詰まっていない杉の場合は一年でいいのだろうか?その疑問を解決するには、今年の春に薪棚に納めたばかりの、未だ丸一年も経っていない杉の薪をランダムに抜き取り、含水計で検査すれば一目瞭然のはず…

イチイって薪にどう?

知り合いのレッカー屋さんが訪ねてこられた。この方とは残念ながらレッカーでのお付き合いはなく、従って薪に関するお付き合いは今のところは皆無である。今回もお渡しする書類を取りに来られただけの筈であった。 1日600~900人がこのブログをご覧になって…

アカシアの現場三日目

現場に残されている木はアカシア エンジュで、既に倒されている木が二本と、未だ倒されていない横綱級の切株が二本である。ご近所さんからは、その日は朝から残っていた切株を伐るので早く来ないとまとめて処分してしまうと催促されていた。 一日一回クリッ…

欅、アカシア、モチノキの現場二日目

二日目といっても、車で一分のご近所なので二時間行って終了、一時間行って終了といった具合で作業している。この日は二人体制で向かった。 一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします。クリックするとこのブログが今何位か見られます。有難うご…

チェンソーが抜けない

完全に横たわって、接地している木と違い、やや斜めになって倒されている木にチェンソーを入れると最初はいいが、あと少しで切断というところで切り口の上側が広がり下側が狭まってくっついてしまう。そこにチェンソーが挟まれてしまうのである。 一日一回ク…

欅、アカシア、モチノキ 嬉しい悲鳴!

二、三年前から聞いていた話になるが、ご近所さんから漸く「アカシア エンジュを伐った」と電話が入った。これは看板効果ではない。当方の敷地にある薪棚をご近所さんが見ていて、自分の家のアカシア エンジュを伐ったら要るか?と何回か訊かれていたのだが…

工務店の巡回

工務店の作業場の前にあるゴミ収集BOX(コンテナ)に薪になる木がないか、頃合いをみて定期的に巡回をしてる。一ヶ月に一回ぐらいだろうか、今回は前回よりも収穫があった。 一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします。クリックするとこのブログ…

ナラ枯れって知ってる?ナウシカの世界

「ナラ枯れ」という言葉を今年初めて聞いた。これって知ってた?あまり知らないよね?聞いて、感じた世界は「風の谷のナウシカ」であった。 一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします。クリックするとこのブログが今何位か見られます。有難うご…

一年を通して

薪集めを始めて何年になるだろうか? 7、8年になるような気がするが、調べてみると6年だった。これまでに、お話を頂いた物は針葉樹であっても出来るだけ貰うようにしているが、その仕入れ先が安定せずに毎年入れ替わってしまうので、常に一抹の不安がある。 …

1立米って、どんだけ~

薪の年間使用量の話によく登場する立米(りゅうべい)。そもそも1立米の立米って何?と、訊かれる事がある。1立米とは1立方メートルであり1㎥と表し、1 辺が 1 メートル (m) の立方体の体積である。とまあ、そこまでは分かるが具体的な薪の量がイメージで…

霙(みぞれ)の中の玉切りから2年

霙(みぞれ)の中の玉切りから2年。薪ストーブの無いまま増殖し続けた薪。 ⇖ ポチっとお願い 50本の松に始まり遠方より運んだ楠に、地元の杉、プレカット工場より頂戴した建築端材などなど、ご縁のあるものはことごとく頂戴した。写真の薪は全部で約27立米。2…

霙(みぞれ)の中の玉切り

初めての玉切りは霙(みぞれ)の降る12月の初旬であった。 ⇖ポチっとお願い 次から次へとダンプに積んで松の木が運ばれてくるので、置き場所を確保するために、先に運ばれてきた松の木を玉切りにして、敷地の隅に積んでダンプの搬入路を確保する必要がある。…

「やめとかれ。」

薪ストーブより先にご縁があったのはチェンソーである。その頃は二年間薪を乾かさなくてはいけないという予備知識はあったので、事前に薪を何とか用意できないものかと考えていた。 ⇖ポチっとお願い 庭木の手入れをする必要があったので、「風景を作る人」で…