頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 薪ストーブ暮らしへ

立看板

植木屋さんから一年半ぶりの原木引き取り要請

地元の大きな植木屋さんですが、昨年のお盆を最後に一切連絡がこなくなっていたので、もう原木の引き取りの依頼はないのかと思っていたら、突然電話がかかってきた。 あまりにも、久し振りだったので携帯に登録してある名前を見ても、一瞬誰だろうかと考えて…

久し振りに「薪求む」の立看板効果現る

携帯に未登録の人より電話が入った。 「誰だろう?」 この時点で「薪求む」の立看板は想像していなかった。 何故なら、本当に久し振りだったからである(笑)。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らず…

近くの解体屋さんから木材処分の相談を受けた

「薪求む」の 立看板を見た近くの解体屋さんから電話が入った。 二年前は、こういった建築解体の木材も喜んで頂戴していたのですが、今は基本的にはお断りしています。 しかし、釘やビスの無い大きな柱や梁を80cmほどの長さに切って持ってくるとの事だったの…

老紳士から楓を頂戴した

人柄って大事だと思う。「薪求む」の立看板を見てやりとりをした人の中には今回のような老紳士もおられるので、嬉しくなってくる。携帯に電話が入り、一ヶ月前に枯れたので伐った楓の幹の処分に困っているとのことであった。中空になっているが周りは薪とし…

原木引き取りは有償化へシフト

「薪求む」の立看板をご覧になった方から原木の問い合わせが入った時に困らないようにと、4月に原木チェックシートを作ったのですが、その後問い合わせが何件かあって、持ち込みのケースと引き取りに行かなければならないケースの両者は随分と当方の負担が…

不法投棄禁止の注意書きを赤ペンキで書き直し

立看板にペンキで書いた文字は長持ちしますが、油性マジックで書いた字は時間の経過とともにに色あせて、黒色は未だ日持ちする方ですが、赤色は10日ほどであっという間に見えなくなってしまった。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと…

椎茸の原木のお下がりは薪になるのか?

久し振りに、 「立看板を見て電話をしているんですが」 と携帯に電話が入った。幸い私も家にいたので、 「直ぐにそちらに向かいます」 と返事をして電話を切ったが、 「 針葉樹でなければいいのだけれど」 と思いながら現場に向かった。 1日500人以上がこの…

薪棚の後ろに勝手に置いていかれた玉木

以前から度々あった行為ですが、何の断りもなく勝手に原木を置いていく人がいて、それが同じ人なのか別の人なのかは知りませんが、これは樹種を問わず迷惑な行為になります。今回も広葉樹ではありますが、多分早朝に運ばれてきたと思われる玉木が置かれてい…

樫の木×3本とモチノキ×1本いらっしゃい!

昨年、引き取る原木の条件を色々と訊いてこられた方から携帯に電話が入った。 「今も原木を引き取ってもらえるのか?」 という問い合わせだったのですが、既に携帯に登録済みの方だったので 「大門のTさんでしょう?今も広葉樹は喜んで引き取っていま~す。…

初めて広葉樹をお譲りした日に初めて同じナンバーの車を見た

知人の薪ストーブ愛好家にお譲りした杉の玉を、二回に分けて引き取ると聞いていたのですが、その車がフィットの新車だったので、汚さないように養生して、しかも少量しか運ぶことができない。 今回は二回目の引き取り日だったのですが、先日貰った樫の木の幹…

馴染みの造園屋さんが巨大な樫の木を持ってきてくれた

伐採木を見かけて尋ねて行っても貰える確率は50%以下のように思うが、立看板を見て持ち込まれる原木は当然100%貰うことができる。 その中で樹種や太さ、又、腐りの有無を見て取捨選択するだけである。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポ…

原木受け取りの為のチェックシート作成

「薪求む」の立看板を見て尋ねてこられた方に対して、対応する者が困らないように、原木受け取りの為のチェックシートをとりあえず作ってみた。今後、不都合があればその都度作り直せばいいと思っている。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、…

腐った杉の玉木を受け取った

私の不在中に訪ねてきた人が、杉や松を断っているとお伝えしたにもかかわらず、どうしても杉の玉を受け取ってくれとお願いしていかれたようで、対応して女性が困って、私が戻り次第確認をして電話を入れるようにします、と伝えたという連絡を受けた。 1日500…

ミツバカエデを頂戴したが、馴染みが無いのは私だけ?

知らない樹種を口にされると、訊き返してしまう。初めての方から携帯に電話が入り、立看板の所に居るとの事だったので、直ぐに現場に向かった。引き取りは全ての木を頂戴しているのではなく、杉や松はお断りしている事を伝えると、ミツバカエデという名前が…

勝手に置いてくのは不法投棄と一緒でしょう

立看板のお陰で薪集めで苦労することが少なくなった一方で、別の問題が発生している。 未だ容認できる範囲だからいいようなものの、木材とはいえ何の断りもなしに勝手に置いてくのは駄目でしょう。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっ…

今年一回目の原木持ち込みは樫でした

「薪求む」の立看板を見て昨年二回庭木の伐採木をお持ち頂いた隣町の方から、携帯に電話が入り、今年一回目の原木持ち込みとなった。私のいる時間をお伝えして、その時間に合わせて軽トラで届けてくれた。有難い。 1日500人以上がこのブログをご覧になってい…

出張から戻ると薪棚が埋まっていた

昨日お伝えした薪棚の状態は、私が薪割り作業に当たった時の話だったのですが、出張で2日間留守にするので、留守中に天候に恵まれたら薪割りの続きをしてほしいと弟に頼んでおいたところ、帰ってみると薪棚が全て埋まっていた。 1日500人以上がこのブログを…

ヒト冬雨ざらし状態だった玉木を割って14m幅の薪棚へ

薪棚に屋根を取付けるまでは、薪を割っても置き場所が無いといった状態が続いていたのですが、漸く屋根も完成してブレイブの20トン往復型の薪割り機の出番がやってきた。待ちに待った、ヒト冬雨ざらし状態が続いていた玉木の薪割りの作業を始めた。 1日500人…

「薪求む」の立看板を見て、薪屋さんが訪ねてこられた

昨年末の話になりますが、「薪求む」の立看板を見て初めての人が訪ねてこられた。対応した者が私を呼びに来たので、玄関へ行くと誰もいない。 「?」 と思っていると、 「今、名刺を取りに行かれた。」 との事だったので、待っていると戻ってこられた。 1日5…

「薪求む」の立看板による今年最後の原木持ち込み

隣町の者と名乗る人から立看板の内容について携帯に問い合わせが入った。この方は過去に何度か電話をしてこられた人のようで、樹種の再確認のようだった。続いていつ持って行けばいいのか訊かれたので、 「ちなみに今は大丈夫ですよ。」 と言うと、 「今から…

薪用としてシュロを貰っちゃ駄目でしょう

外出して家に戻ると原木が増えていた。 私が外出中に持ち込みがあって、その時に対応した者が受けたのですが、今回は見るなり、 「これは受けちゃ~ダメでしょう。」 と思ってしまった。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して…

薪用の欅は最終的に軽トラ3台分の量だった

軽トラ1台分の欅を自宅に運んで、午後から現場に戻り第2便の作業に入った。それにしてもすごい量である。この欅は高さ4mまで幹が真っすぐに伸びて、そこから3本に分かれていたとお聞きした。電話をかけてこられた庭師さんの口利きで石川県から2人の樵(…

今回の欅は薪集めで久しぶりの大物だった(笑)

電話では、既に玉切り済みの欅が重くて持てないと聞いていたのですが、1人だから持てないのだろうと思っていた。現場ではチェンソーが使える事も聞いていたので、2つ割にすれば弟と2人でなら持てると思って意に介していなかったのですが、久し振りの大物…

薪集めで現場を確認させてもらうことにした

「薪求む」の立看板を見て初めての方が電話をかけてこられた。比率的に杉や松の引き合いが多いので、今回もそうじゃないのかと思いながら話を聞いていたのですが、針葉樹はお断りしている事をお伝えする前に現場の住所の話になって、最後の最後に伐採した木…

当面は薪ストーブの焚物に困らないのではないだろうか

信じられないくらいの量の原木が、ここ数週間で集まってきた、嬉しい。そんな中、山開発業者の方から、三度目の 「伐ったよ~。」 の電話を頂戴した。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その…

巨大な樫と栗の原木の玉切り

弟が朝の9時半から玉切り作業を始めた。私は所用で午後からしか応援に入れないので、それまでは細かい方の木を玉切りするようにお願いしておいた。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴…

巨大な樫と栗の原木がやってきた

嬉しい事は重なるのか、原木がどんどん集まってきている。ちょっと前まで今シーズンに使って空になった薪棚を広葉樹だけで埋める事が出来るのか、薪集めの心配をしていたのが嘘のようである。 大工さんに山開発業者さんと、昨年は全く原木集めとは縁のなかっ…

呼ばれても直ぐに原木回収には行けないのよ~

山開発業者さんが 「雑木を伐ったから来てくれ。」 と、現場から電話を掛けてこられた。 私は県外に居たので、即応できるはずもなく、 「近いうちに必ず行きますが、今日は無理です。」 と返答した。 多分ですが、自分がお金を払って依頼している業者さんと…

三度目の正直はアケビでなく原木だった

原木は手に入らずアケビを貰って帰ってきた の続きになります。 下見を含めると現場に行くのは4回目で、漸く原木を手に入れる事が出来た。 依頼主が2日前に訪ねてこられて、雑木の回収ができる状態になったので来て欲しいとの事だったのですが、私も別の仕…

原木は手に入らずアケビを貰って帰ってきた

伐採木が薪になるか見にきてほしいという依頼の続きの話になります。10日後に現場に行ってみたのですが、未だ何もしていない状態だったので、何度も足を運んで空振りするのは嫌なので、依頼主の名刺にある番号へ電話をするも固定電話も携帯電話も誰も電話…