頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

立看板

これは稲木でなく足場です!認識を改めよ?

去年、業者さんから電話で、ご近所のお宅の敷地内の木を伐採したので、よかったら持って行って下さいと連絡を受け、枝と幹が分別されていない混載の山の中から柿の木を1本だけ貰った家の高齢のご婦人が直接訪ねてこられた。(柿の木1本ゲット ) 1日300人…

どうなってるんだ?暑くなってから原木の持ち込み続々!

連日、30度を超えるような日が続いているのですが、暑くなってから立看板を見て原木を持ってくる人が続いている。「薪求む」の立看板の効能は、田植えが終わって未だ涼しい時期に現れると思っていただけに、こちらの読みは見事に外れてしまった。 1日300人…

薪の持ち込みで家内からSOSっぽい電話が

薪の立看板を見たという人が、細かい木を段ボール箱に入れて玄関に来られていると、家内より電話が入った。細かすぎるなら断ってくれればいいのだが、私が直接断りに行かなければならないような様子であった。 1日300人以上がこのブログをご覧になっています…

立看板を見て久し振りに薪の問合せ

最近、全然「薪求む」の立看板を見た、という人からの問い合わせが入らない。そう思っていたら、携帯に見知らぬ人から電話が入った。 1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人になっ…

薪活名刺5千枚(一生分)

名刺は普通何枚刷るのだろうか?注文する際に確認すると、百枚から二百枚が一般的な数のようで、「最初二百枚くらい用意しましょうか?」と訊かれたので、「0がひとつ多い千枚か二千枚は欲しいと考えていたので、料金がそんなに変わらないようなら5千枚で…

おかわり薪の到着

薪の「おかわり」お願いします で記事にしました残りの薪ですが、私が出張で留守にしている間に持ってこられたようで、薪棚の横に置いてあった。もし不要な場合は引き取りに来ますので、お電話お願いしますとの言付けもあった。いい人だ。 1日300人以上がこ…

薪の「おかわり」お願いします

玄関の呼び鈴がなって、暫くしてから家内が私を呼びに来た。立看板を見て薪を持ってきている方がおられるので、対応してもらえないかとの事であった。 1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その…

古材の梁6本を玉切り後、引き続き薪割

古材は乾燥しているので、これ以上乾燥させる必要はないのですが、オフシーズンに頂戴すると、割って、薪棚で寝かせて来シーズンまで待機するしかない。 1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。そ…

白髪染めの最中に薪の対応

2~3ヶ月に1回、家内にお願いして白髪染めをしてもらっているのですが、よりによって白髪染めをしている最中に携帯に未登録の人より電話が入った。白髪染めの最中に携帯を耳に当てると、どろどろの液体が付いてしまうので本当なら出たくないところですが…

二宮金次郎の銅像が欲しい

身長50cmから60cmほどの大きさの二宮金次郎の銅像が欲しくて、ヤフオクで探していたところ、先日丁度いい大きさの物が出品されたので入札したのですが、私の低予算では簡単にやっつけられてしまった。ちなみに、私の予算は福沢諭吉1枚+送料だったのです…

久し振りに「薪求む」立看板の効能

そろそろ、伐採木の話が舞い込むだろうと思っていたのだが、そう思ってから随分と時間が流れた。思いに反してなかなか連絡が来なかったのである。2基の薪棚が綺麗に空いたままになっているので、7.8立米が空いている事になる。 1日300人以上がこのブログ…

桜の木はもっと多いのかと思った

教えてもらった住所を訪ねて行く前に電話をしてほしいのとの事だったので、家内が電話をしたところ、依頼主のお母さんらしき人が出られて「こんな物でも持って行ってもらえるのか、兎に角見て下さい」と自信無さげだったそうだ。それを聞いて我々も期待をせ…

出張から戻ると稲木と桜の話がきていた

2日間の出張から戻ると、ご近所さんから稲木が届いていた。その他「桜の木を伐ったのでよかったら取りに来て下さい」と電話があったと家内から連絡を受けた。基本的には持ってきてもらうようにしていると伝えたが、軽トラがないのか不可能との返答だったそ…

嬉し~、椎の木がやってきた!

電話で、 家内「玄関に男の人が2人こられていて、薪になる杉の木を持ってきたと言われているんですけど」 私 「え~、とにかく玄関に行くわ」 と伝えて階段を駆け下りた。余談ですが、部屋は2階なんですが建物が大きいので、段数で言えば3階分あります。 …

YOUは何しに?のご主人はいい人なんだけど

二日間の東京出張から戻ると「YOUは何しに...」のご主人から電話がかかってきた。「いつ取りに来てくれるのか?」との内容だったので、先日のご婦人との会話で、伐採木はほんの少ししかないので別に来てもらわなくても隣の田んぼで野焼きもできるし、と言…

YOUは何しにウチに来た?

雪融けもすすみ、そろそろ問い合わせが入るかも、という記事 やっと今年初の薪割りができた を先日アップしましたが、その問い合わせが携帯に入った。今年初の問合せが「欅伐るけど要る?」だったのですが、電話を頂戴したときは立看板に書いてある携帯番号…

やっと今年初の薪割りができた

薪ストーブ仲間のブログに薪割りの関連のタイトルが増えてきたように思う。富山県民の私も遅ればせながら今年初の薪割りをすることができた。新たに屋根を付けた薪棚が風で飛ばされないように薪の重りを載せたいからである。 1日1000人以上がこのブログをご…

燻製と言えば桜チップ

燻製デビューするつもりはないが、植木屋さんから四度目の連絡は「桜、軽トラ一台以上あります」であった。先日、「近々桜が、、、」と予告されていたのが実現したのである。早速、晴れ間を見て貰いに行ってきた。 1日600~900人がこのブログをご覧になって…

ヤフーのピンポン看板

先日、携帯に登録してない人から電話があった。誰だろう、と思い電話に出ると、「ヤフーのピンポン看板を見て電話しているんですが、、、」との事。ヤフーのピンポン看板とは一体何の話だろうか?立看板の事?それとも、、、 1日600~900人がこのブログをご…

私の留守中に柿の木の引取り依頼

私が三日間出張で不在の時に、ご近所の方が看板を見て訪ねてこられた。ご近所の方と言っても隣の町内で初対面の方である。車で三分ほどの所に柿の木を伐って1mほどの長さにしてあるので、薪に使えるか一度見て判断してほしいとの事であった。 1日600~900人…

サンタクロースは初めてかも

傘地蔵は今までに経験しているが(ついに傘地蔵 現る) 、サンタクロースは初めてではないだろうか。お昼過ぎにピンポンでの来訪者が白い袋を持って現れた。その袋がサンタさんをイメージしてしまったのである。 1日600~900人がこのブログをご覧になっていま…

♪ 植木屋さんからお手紙ついた ♪

小雨の降る中、植木屋さんから三回目の連絡が入った。雨が上がったら伺いますと返信しておいたところ、曇り空になったので今の内にと車を走らせた。現場までは車で10分もかからない、結構近くである。 1日600~900人がこのブログをご覧になっていますが、…

巨大な欅、差し上げます

昨日のつづきの話になりますが、私が引き取らなかった杉の玉を是非ブログで宣伝して嫁入り先を探してほしいと頼まれてしまった。今から薪ストーブを始める方や初めて間もない方で、樹種を問わずに原木を探しておられる方が富山県におられましたら下記FAXへ直…

樹齢百年の柿の木3本のはずだった

先日、看板を見たと見知らぬ人が訪ねてこられた。杉の木4本に柿の木3本を伐って玉切りにして山になっているとの話だったので、杉はお断りしたところ、杉、柿、杉の順で山になっているので、上の杉を除ければ柿の玉が持っていけるとの事であった。しかも柿…

立看板「薪売ります」に変更か?

先日、お付き合いの始まった地元の大きな植木屋さんから「広葉樹が入ったので取りに来て~」と、二回目の電話があった。 一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします。クリックするとこのブログが今何位か見られます。有難うございました。 現場…

立看板を作って本当によかった

薪集めは毎年「本当に今年は集まるのだろうか?」という一抹の不安が付いて回っていたのだが、苦節6年(笑)、最近ようやくその不安から解消されたような気がする。それは、今年の夏に道路際に立てた「薪求む」の看板のお陰である。 一日一回クリックが有効な…

樫の中に鉄!後編

弟の手が止まり、軽トラの荷台に置いてある工具箱の方へ行ったり来たり。ガソリン給油、オイル補給までは分かるが、次はソーチェンを研ぎ始めたので、切れなくなったのか?さっきまでは調子よかったのに、と思いつつ私一人で作業を進めていたところ、研ぎ終…

樫の中に鉄!前編

9月19日にアップした「ピンポン」庭の木伐るんだけどいらない? の後報、第一弾は10月3日の腐っても樫、これを扱うと針葉樹は欲しくなくなる 前編 でお伝えしましたが、本日はその第二弾になります。 一日一回クリックが有効なので応援クリックお願いします…

杠(ゆずりは)って珍しくない? 後編

翌日の午後、チェンソーを持って家内と二人でお伺いした。その日も庭師が来られていたが、家の方の姿が見えなかったので、呼び鈴を押してご挨拶を済ませて作業に取り掛かった。 「あ、作業前にブログ用の写真を撮るのを忘れていた。」 思い出して良かった。…

杠(ゆずりは)って珍しくない? 前編

今度は自宅の電話に問い合わせがあった。立看板に書いてある携帯番号ではなくて自宅の電話番号を調べて電話をかけてこられたようだ。道路脇の「薪求む」の立看板は随分と目に留まっているようである。作った甲斐があった、嬉しい。しかし、目に留まるという…