頭の中はいつも薪ちゃん

薪ストーブが大好きで、薪集めや薪ストーブのメンテなど、一年中愛人薪ちゃんの事を考えている困ったオヤジのブログ

山林と別荘

ダッチウエストのログループを 又々買ってしまった

このダッチウエストのログフープ(L)は私のお気に入りで、現在4つ使用しているのですが、それは薪ラックとしてではなく、オブジェとして薪を入れて玄関に飾ってあるような状態です。そんなログフープを再度注文した。 1日500人以上がこのブログをご覧になっ…

もう鋳物の薪ストーブには後戻りできない

施工二日目の朝、未だビス留めされていない状態ですが、三重煙突を一目見たくて屋根に上った。前日の工事は雨の中の作業で結構苦労されている様子だったが、事故が無くて本当によかった。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して…

飛騨の温泉にあった巨大な暖炉

別荘に薪ストーブと煙突を取り付ける工事は当初から二日間を予定していたので、遠方から工事に来て頂いている北欧直販の御三方はそのまま、別荘でお泊り頂くことになった。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か…

薪ストーブ5台目にして初の鋼板製に対流式

基本的に、薪ストーブは輻射式でも対流式でもどちらでもいいと思っていたので、気にしてはいなかったのですが、今回購入したTermaTechのTT22は鋼板製で対流式だったのでバラバラになって運び込まれた部品を見ると遮熱板の様な部品が多く見られた。 1日500人…

TermaTech社のTT22鋼板製薪ストーブ

TermaTech社の鋼板製薪ストーブTT22は、北欧直販のダークホース、タフな鋼板製薪ストーブで記事にした通り、北欧直販訪問時に実物を見てから気になる薪ストーブの筆頭となったのですが、別荘に導入する薪ストーブはこのTT22シリーズの中でどれにするかに絞ら…

北欧直販の煙突と薪ストーブを選んだ訳

別荘の見学時から、薪ストーブを設置するなら吹き抜け部分になると想定していたのですが、この別荘の吹き抜けは随分と天井が高かった。 「ここに、二重煙突を取り付けるとなると随分とコスト高になってしまう。」 これが最大の懸案事項であった。 1日500人以…

北欧直販が薪ストーブの取り付けにやってきた

滋賀県にある北欧直販さんは、数年前に起業した駆け出しの頃は遠近問わず依頼のあった所ならどこまでも馳せ参じたそうだが、最近は近畿地方より外に出る事が少なくなったとお聞きした。それだけ近畿内での需要が増えてきたという事だと思う。そんな中、今回…

荒れ放題の別荘地で初めてのお友達

別荘の改修工事や薪ストーブ導入の準備に追われて、自分の別荘に到着するまで景色は見ていたものの、それ以外はどうなっているのか別荘地全体を見て回ることは今まで一度もなかった。しかし漸く、ぐるっと一周する事ができた(笑)。 1日500人以上がこのブロ…

別荘のシャワーから水漏れで、修理に挑戦

別荘の改修工事は、大工さんをはじめ全ての出入り業者が作業を完了されたので、後は薪ストーブ屋さんが入るのを待つだけとなった。薪ストーブ屋さんと言っても今回は、遠方を無理を言って来てもらう事になった北欧直販さんなので、輸入元と言うか総輸入代理…

トイレと脱衣場の床は檜の縁甲板にした

大工さんは全然気にならないと現場を見て言っておられたが、私は元々クッションフロアーが好きな方ではないので、築30年で端から捲れてきているトイレと脱衣場の床を見ると尚更、放っておくことが出来なかった。 1日500人以上がこのブログをご覧になってい…

別荘地の危険な高木を伐採

別荘購入から今日まで、しなければならないことが多すぎてその存在すら気付かなかったのですが、最近漸く敷地内に危険な高木がある事に気が付いた。この別荘地は周りを見渡しても倒れている白樺を何本も目にするのですが、数年前にカミキリムシが大量発生し…

板金工事の完了したチムニーにチェーンネックレスを巻く

別荘のチムニーへの板金工事は、以前自宅のチムニー角トップの工事でしてもらった張り方と同じ方法で施工すると電話で聞いていたのですが、仕上がりを確認すると打ち合わせとは違う張り方で、偶然にも私が試してみたかった、鎧張りになっていた。 1日500人以…

屋根とチムニーの板金工事が無事に終了

今年は台風で風の被害が多かったのと、雨の日が多く外仕事が捗らないせいもあってか、板金屋さんがなかなか来てくれず、雨漏りを発見してから随分と時間が過ぎた。私がこの物件を購入する前から雨漏りはしていたようなので、被害のあった部屋は水浸しの状態…

発見!意外なところにあった黒蟻の巣

2階の部屋に侵入してきた蟻の巣を駆除しないと、本当の安心はないとは思いつつも、先ずは部屋への進入路である穴への殺虫剤のスプレーで蟻の侵入は鎮静化した。それから、数日経って再度部屋を確認した。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、…

綺麗すぎて土足で上がれない玄関前の階段

別荘購入前の見学時から玄関前の木製階段が崩壊していたのですが、その階段を大工さんに直してもらった。使った材は檜の一等材になります。一等材というのは節の沢山ある木材になります。これは見てくれは良くないかもしれませんが強度的には強いと聞いてい…

煙突にチェーンネックレスを巻いて安全対策

6寸勾配の屋根に工事中で足場のある内は上りやすいのですが、煙突工事も終わって足場、梯子、ロープの全てを撤去すると頼りになるものが無くなり、屋根の上に上るのは危険を伴い非常に困難になると思われるので、色々と検討の上、煙突のチムニー部分に首飾…

別荘で畳を喰う大きな黒蟻との闘い

あまりにも凄まじい光景は、その最中に撮影をする余裕はないし、ブログの事が頭をかすめても写す気になれない。嵐が過ぎて一段落してから撮影となるのがいつものパターンである。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方…

別荘から帰れないアクシデント発生!

別荘引き渡し時にあった不要な家具、冷蔵庫やカラオケに石油ストーブ、それと蟻に喰われた畳1枚の処分の為、それらを軽トラに積んで、大工さんより一足早く4時ごろ帰ろうとしたのですが、大工さんから質問攻めで結局4時半ごろになってしまった。 1日500人…

別荘の屋根の補修とチムニー(煙突)の取付け その3

「重すぎて4人で屋根の上にあげれないかも知れないと思った。」 と、工事後大工さんの中の1人が言っておられましたが、私が手伝うことなく無事にチムニーが屋根の上にあがりました。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂…

別荘の屋根の補修とチムニー(煙突)の取付け その2

屋根の板金がペラっと剥がれている場所は、残念な事に室内二階の一室が雨漏りしている状態だった。現在その部屋にブルーシートを敷いて対応しているのですが、早く板金屋さんに修理してもらいたいものです。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが…

別荘の屋根の補修とチムニー(煙突)の取付け

いよいよ大工さんがチムニー取り付けに動いてくれた。今回の煙突は北欧直販を訪問した一番の目的(三重筒煙突システム)で予告した通り、北欧直販のコーキングに頼らない雨仕舞いの構造の三重筒煙突システムを選択しました。 1日500人以上がこのブログをご覧…

「君の名は。」で彗星が落ちた場所って別荘の近く?

今更、「君の名は。」の話題で申し訳ない。しかし、我が家では今、非常にホットな話題である(笑)。別荘購入後は動ける人が時々出向いて掃除をしているのですが、その際に近くを散策するのが最近の楽しみとなってきた。 1日500人以上がこのブログをご覧にな…

トイレが0度以下になる寒冷地でウォシュレットに挑む

便器の方は寒冷地用の物は販売されているのですが、便座(ウォシュレット)の方は0度以下対応の寒冷地用として販売している品物は無いようです。私もそれを知って最初は諦めそうになったのですが、マイナス18度になる寒冷地で自己責任でウォシュレット導…

別荘が普通に使えるようになるまでの道

今回、私の購入した別荘は、普通の不動産物件だとここまでしなくてもいい、というところまで色々と手がかかるのですが、こうなる事は百も承知で購入しておりますので、恨み節は一切ありません。何故ならば、破格値だったからです(笑)。 1日500人以上がこの…

大工さんが現場入りし壊れていた屋根の確認

購入前から屋根の棟板金が半分ほど、壊れているのは分かっていたのですが、修理に向けての下見は、板金屋さんよりも大工さんの方が先になってしまった。気になるのは、棟が壊れている他に瓦棒の屋根材と思われる板金が建物の裏に転がっていたので、屋根も剥…

別荘へ薪ストーブ導入に向けて着々と準備進行中

設備屋さんに入ってもらい、FF式の石油ファンヒーターを外してもらった。又、ガスボイラーも外してもらい灯油ボイラーを入れる準備を進めた。少しずつですがスッキリしてきました。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂け…

別荘の床に散乱していた物の正体は?

別荘の見学時から床に散乱していた物が何なのか、電気の点かない薄暗い中でそれを特定するのは困難だったのですが、電気と水が復旧して、照明の下で泥のようでもあり綿のようでもあるバケツ一杯はあると思われる正体不明な物を手で摘まんで確認してみた。 1…

イワタニのカセットフー タフまるを買ったど~!

先日ちょっと気になるイワタニのカセットフー タフまるで記事にしましたカセットコンロですが、とりあえず1台だけAmazonから購入しました。 1日500人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30人足らずです。その貴重な1人…

別荘のライフライン先ずは水と電気の復旧に向けて その2

水が開通して安堵したのですが、引き続き外回りの点検を始めるとボイラー室が滝のような状態になっているのに気付いた。これが理由で元栓を閉めていたのかもしれません。 1日300人以上がこのブログをご覧になっていますが、ポチっと応援して頂ける方は僅か30…

別荘のライフライン、先ずは「水と電気」の復旧に向けて

別荘の見学に行った時もそうでしたが、水は出ない電気は点かない状態なので 、購入済みとなった今もその状況に変わりありません。そこで、先ずは「水と電気」の生命線の復旧にとりかかりました。 先日合鍵を2本作ったので鍵を3本持って、購入してから初め…